便秘薬の分類

便秘薬
日本に便秘で悩む人は一千万人以上いると言われています。女性に多いですが男性でも苦悩している人がいます。そんなとき、頼りたくなるのが便秘薬です。本ページは便秘薬の分類について便秘薬情報公開します。

便秘薬は、詳しく分けると「刺激性下剤」と「機械性下剤」に分類されています。刺激性下剤は小腸または大腸に不良影響を与えることで蠕動運動をもたらす便秘薬です。機会性下剤は、便の水分を増やして排便を簡単にさせる薬です。

刺激性下剤
腸に刺激を与えることで蠕動運動を引き起こす便秘薬である刺激性下剤には、大腸を刺激するものと、小腸を刺激するものがあります。小腸を刺激するものは、現在はほとんど使われておらず、大腸刺激性下剤が現在の主流です。

大腸刺激性下剤をさらに細かく分類すると、以下のような種類があります。

アントラキノン系
「アントラキノン」という成分を含み、これが大腸の粘膜を刺激することで蠕動運動が促される便秘薬です。効果は強めなので、かなり便秘の症状がひどい場合にも効果が期待できます。

長期に渡って服用していると「大腸黒皮症(大腸メラノーシス)」と呼ばれる症状が発症することがあり、腸の働きが悪くなったり、腸の粘膜が黒ずみ、より便秘が重症化することがあります。

センナや漢方の大黄、アロエなどの昔からの生薬や、これらから抽出したセンノシドなどのエキスから作られた薬剤がここに含まれます。

ジフェニルメタン系
比較的新しい薬剤で、アントラキノン系と比較すると効き目がソフトです。腹痛などを伴いにくく、服用時の負担が少ないのが特徴です。市販の便秘薬にも多く利用されている、ピコスルファートナトリウムやビサコジルがここに含まれます。すべての便秘に効くわけではない

便秘にもいくつかの種類があります。最も多いのは弛緩性便秘と呼ばれる便秘で、腸の蠕動運動が不充分なために引き起こされるものです。市販の便秘薬もほとんどがこの便秘を解消するために作られたものです。

ところが、これとは反対に腸が活発に働きすぎているために起こる痙攣性便秘というものもあります。痙攣性便秘の人に一般的な便秘薬を投与すると、ますます腸の働きが活発になりすぎて、便秘はかえって悪化してしまいます。便秘の種類によっては逆効果だという点も覚えておきましょう。