便秘を改善する食生活について

飲食や生活習慣などで、便秘に悩んでる方は多いようです。特に中高年の方と若い女性は、便秘の悩みはほとんどあります。どうやって普段の食生活で便秘を改善するのか、本文はこれについて説明したいと思います。便秘の予防は、食物繊維や水分を十分にとるなど、食生活の改善が基本になります。加えて、適度な運動や排便の習慣づけ、ストレスの発散も心がけるとよいでしょう。

・排便の習慣を身に付けるのは大事です。排便の習慣を身に付けるには、特に朝食が重要です。寝起き後の空っぽの胃を満たす朝食は腸を刺激し、排便の習慣を身につけやすくします。時間に余裕をもって起床し、きちんと朝食を摂ることで大腸を動かし、だんだんスムーズに排便できるようになるでしょう。

・食べた物は胃で消化吸収された後、腸内へ送られます。そして、腸内を進むうちに腸壁に水分を吸収され、最終的に固形物の便となって排出されます。しかし、水分が不足すると便が硬くなって移動しづらくなります。水分を含んだ便は、便の容積が増して腸に刺激を与え、便意を起こしてくれるので、水分を十分にとりましょう。必要な水分を補うために、体が外に出す水分の量を減らそうと働くからです。その結果、便が持つ水分はさらに減り、一層硬くなるため排出が難しくなるのです。つまり、便をスムーズに排泄するためには、十分な水分を取り入れることが重要なのです。

・食物繊維は腸のぜん動運動を高め、便を排出しやすくします。穀物、いも類や豆類、ひじき、寒天、果物など、食物繊維を多く含む食品を十分にとるようにしましょう。

・食事を決まった時間に摂るようにすることで、食生活のリズムが習慣化されていきます。これにより腸のぜん動運動も効率よく行うことがができるので、便秘気味だった場合でも便意を自然に感じる事ができるようになります。